BIO

パウラ・テヘダとルーカス・カリーソはアルゼンチン・カタマルカ出身。10代からダンスを始め、若くして恋に落ちたふたりは、故郷を離れてブエノスアイレスでタンゴのキャリアを積む決心をします。この決心が、その後の二人の人生を永遠に変える大きな節目となりました。

 

パウラとルーカスは、タンゴ界におけるトップレベルのダンサーとして活躍してきました。2010年のメトロポリタン・タンゴ選手権では、タンゴ部門で優勝、ワルツ部門で準優勝をおさめ、かのミゲル・アンヘル・ソットの輝かしいタンゴ・ショー、TangoX2(タンゴ・ポル・ドス)の一員としても、イタリア各地(ミラノ、ローマ、ナポリ、フィレンツェ、パルマ、バーリ、パドヴァ、クレモナ、ブレシア)とギリシャ(アテネ)を旅しました。

二人はこれまで、中国(北京、上海、武漢、深セン、南京、蘇州、杭州、成都)、香港、韓国(ソウル、プサン、ウルサン)、日本(東京)、アメリカ(デンバー、ポートランド、サンフランシスコ、アルバカーキ、ツーソン、アシュランド、デュランゴ、コロラドスプリングス、ベイル)、カナダ(トロント、モントリオール)、ヨーロッパ各国(デンマーク、ポルトガル、オランダ、フランス)でデモンストレーションやセミナーを行っています。

Paula Tejeda Lucas Carrizo BIO